【債務整理をしよう】自己破産申請のときの弁護士費用ってどれくらい

男の人

弁護士に依頼する

計算

過払い金は、利息制限法以上の金利でお金を借りていると発生している可能性があります。名古屋の法律事務所にお願いすることで、請求を代行してもらえます。依頼するメリットは、書類作成や裁判所出廷を代行してもらえます。

手続にかかる費用を知る

弁護士

債務整理にかかる費用

借金の返済が厳しくなった場合は債務整理で解決することも考えていきたいですが、減額しても支払いが困難であるなら自己破産も検討していくこととなります。自己破産は借金がすべて免除されることで知られていますが、やはり手続きにはそれなりの費用は必要ですので、どんな費用がかかるのかはあらかじめ調べておきましょう。自己破産は法律の知識が必要ということもあり、まったく知識がないと個人で対応することは難しくなってしまいます。そこで弁護士に依頼するという人が多いですが、そうなると弁護士費用も必要です。自己破産で発生する弁護士費用は、まずは弁護士に仕事を依頼したときにかかる着手金があります。さらに成功報酬も必要となってきますので、弁護士費用は合計でいくらかかるかは依頼する前によく確認しておきましょう。自己破産は裁判所での手続きが必要ですが、手続きにかかる費用としては収入印紙代、郵券代、予納金などが必要となります。そして財産を持っていない、破産管財人の選定が必要ない同時廃止事件の場合は比較的、こうした費用も安く抑えることができますし、少額管財事件の場合はより多くの予納金も必要となります。自己破産を行う人は経済的にも困窮していることもあり、弁護士費用を支払うのが難しいという場合もあります。そんな場合は初期費用が必要ない弁護士事務所、分割での支払いに対応している弁護士事務所を選ぶことも考えてみるといいでしょう。このほかでは法テラスでの民事法律扶助制度を利用することもおすすめです。

弁護士に相談しよう

相談

自己破産を行う事で借金を整理でき、金銭的な問題はもちろん精神的な負担も軽減出来ます。自己破産は弁護士に相談しましょう。弁護士であれば司法書士とは違い、対応できる借金の上限はありません。弁護士に自己破産を依頼した場合にかかる費用は、平均30万円から50万円程度です。

相談内容を決めておく

説明

東京には無料で法律相談会を開いている法律事務所があります。無料なので、まずは参加してみましょう。ただし、予約が必要です。また、持ち時間が少ないので、相談内容を決めておきましょう。相続の問題が多くなっています。